世界点字作文コンクール

tenji

 

世界点字作文コンクールとは

視聴覚障害者の皆様に点字と音のかけ橋を築きたいという願いから、オンキヨー株式会社と毎日新聞社によって2003年に「点字作文コンクール」が創設されました。2004年からは世界盲人連合アジア・太平洋地域協議会(WBUAP、21カ国)、2006年からは同じく世界盲人連合の加盟組織、アジア盲人連合(ABU、西アジア・中央アジア・中東地域、21カ国)、2007年からはヨーロッパ盲人連合(EBU、45カ国)、そして2009年から北米・カリブ地域(WBUNAC地域、21カ国)が加わり、参加各国の協力を得て世界に広がる点字作文コンクールとして成長を続け、2011年からは世界108カ国を対象に「世界点字作文コンクール」として開催されています。

当研究所は、人と人を結ぶぬくもりをより身近に感じられている視聴覚障害者の皆様に点字と音のかけ橋を築きたいというコンクールの趣旨に賛同し2012年から共催者として参加しています。今後も引き続き積極的に参加して参ります。
sakubun